Tag: Pitch Introductions

Protected: 第4週 :ストーリーテリング

Protected: 第4週 :ストーリーテリング

https://www.youtube.com/watch?v=hrbpnuFIo-Q 第4週:ストーリーテリング – 続き・宿題の共有・ケーススタディの構造・自分自身のものを作る – 既存の経験、ビジネス、または想像上のものに基づいて・個人的なつながり・構造・お気に入りの会社のオーナーだと想像して、その構造を使って自分自身の個人的なつながりを書き出す・宿題:尊敬する投資家について調査する – エンジェル投資家、異なるVC、彼らについて何を尊敬しているか

第3週 : ネットワーキングのロールプレイ

第3週 : ネットワーキングのロールプレイ

https://youtu.be/lo1F_YpIGSQ ENGLISH 第3週 ビデオ録画 みなさん、こんにちは。 第3週へようこそ。今週はネットワーキングのロールプレイに注目します。また、投資家との関係や信頼をさらに築く方法についても少し探ります。始めましょう! でもその前に、前回の宿題を見てみましょう。皆さんの夢の会社やスタートアップのエレベーターピッチを確認します。 ピッチからのフィードバックを見て、次のモジュールに活かしてください。 まず、スタートアップ資金調達の主要な関係者について説明します。大きな4つのグループは、エンジェル投資家(個人やグループで、比較的小さい金額を投資)、ベンチャーキャピタリスト(大きな金額を投資することが多い)、クラウドファンディングプラットフォーム(コミュニティ主導のもので、例えばKickstarterやIndiegogoがあります)、そしてスタートアップの加速器やインキュベーター(サポートやメンタリング、ネットワークへのアクセスなどと引き換えに、スタートアップから株式を取得)です。 これらの違いを考えて、どのようにそれぞれと関係を築いたり、信頼を構築したりするか、質問1を考えてみてください。 例えば、クラウドファンディングプラットフォームとベンチャーキャピタリストへのアプローチは異なります。それぞれの利点や欠点についてどう思いますか? これまで学んだことを常に振り返ってください! 次に、投資家との関係構築に関するやるべきこととやらないべきことを探ります。 関係構築の際には、提供する評価に非常に注意してください。財務記録や仮定など、何かしらの根拠を持ち、正確な評価をしてください。 できるだけ株式を守り、長期的に考えてください。 契約書にサインする際は、特に条件書をよく読んでください。投資家との適合を優先してください。 製品市場適合をしっかりと検証し、可能な限り自己資金で事業を進めてください。投資家の圧力の下で運営するのとは違います。 資金調達を目指す際は、早い段階で関係を築いてください。資金調達には3ヶ月から6ヶ月、時にはそれ以上かかることがあります。 投資家との関係を決して断たないでください。情報を常に更新し、フォローアップしてください。 やらないべきこととしては、評価を過大評価したり、過小評価したりしないこと、株式を多く分け与えないこと、資金調達が唯一の成長手段だと思わないことです。 ...

第2週 :投資家とのネットワーキング

第2週 :投資家とのネットワーキング

https://youtu.be/NE_wv_Wlj5M 第2週 ビデオ録画 こんにちは皆さん、Pitchcraftの第2週へようこそ。今週は投資家とのネットワーキングに焦点を当てています。ネットワーキングの基本から始め、最初から関係を築く方法とエレベーターピッチの組み込み方を学びます。そうすれば、第3週にはそれらをすべてまとめて、関係構築のスタート方法を学ぶことができます。最終的には、完全なピッチデッキを作成し、グローバルな投資家にプレゼンテーションする機会が得られるでしょう。それでは始めましょう。 まずは、宿題の確認から始めましょう。あなたが調査したり興味を持ったりした投資家は誰で、なぜその人を選んだのか、そしてその人にどんなアドバイスを求めたいのか、非常に興味があります。まずはこれらの点について考えてみましょう。グループにいる場合は、これら3つの点について話し合うことができます。もう一つ考えてみると良いのは、彼らにアドバイスを求めたとき、彼らはどのように反応し、どんなアドバイスをくれると思いますか?これらを終えたら、次に進みましょう。 第2週では、先週の宿題についてすでに話し合いました。次に、投資家との関係構築、プロフェッショナルな自己紹介の方法、関係構築やプロフェッショナルなネットワーキングで使える一般的な言葉やフレーズ、エレベーターピッチの取り入れ方、注意点、そして簡単なロールプレイと宿題について見ていきます。 では、投資家との関わりをいかに早期に開始するか?投資家との関係構築を始める際に考え、実践すべきいくつかの簡単なヒントを紹介します。まず最初に、常に第一印象を意識してください。最初のコンタクトは、メールであれ、電話であれ、会議であれ、常に明確で簡潔、且つ礼儀正しくあるべきです。常にこれを念頭に置き、準備をしておくことが大切です。そのために、私たちはこれらの構造やレッスンを提供しています。あなたが事前にリサーチや宿題をしたかのように見せるためです。 オープンな対話を維持し、積極的なコミュニケーションを心がけてください。マイルストーンや、あなたが行ったピボットの更新、途中で達成した成果などを彼らに伝え続けることで、あなたと彼らの印象を築く助けになります。対面での利点を活かし、彼らにピッチする場合、オフィス訪問、あるいはカフェでのミーティングでも、常に準備を整え、真実味を保つようにしてください。紹介を得る機会を常に探してください。暖かい紹介と冷たいアウトリーチを比較した場合、会議の機会を得るだけでなく、信頼を築く可能性も高まります。最後に、常にフィードバックを受け入れ、彼らの時間を尊重してください。 プロフェッショナルな自己紹介の簡単な構造は次の通りです:まずはあなたの名前、職業的役割、あなたが勤める組織、あるいはあなたが創設者であることから始めます。そして、もう少し興味を引くために、あなたが取り組んだハイライト、成果、あるいは顕著な事実について話してみてください。例えば、プロジェクトについてです。これにより、会話の話題が生まれます。例えば、「こんにちは、私はエクスパーティーズの創設者、マットです。私たちはコーチングとAIの革新を進めており、AIメンタリングと学習を一つのプラットフォームに統合しています」といった具合です。それから、例えばAIについての会話を始めることができます。 ファンドレイジングを始める際によく見る言葉について説明しましょう。プレシードとは、通常、収益がないスタートアップのことで、主に検証フェーズにあります。シードについて話すときは、おそらく検証が完了し、少し収益がある状態で、次の段階に進もうとしています。シリーズAはスケールアップフェーズにあり、シリーズB以降はさらに成長していきます。ですから、プレシードから始める場合は比較的少額の資金を求め、それらの段階を経るにつれて、投資を求める際にはより多くの資金を必要とします。 エクイティは、あなたが所有する会社の割合です。グラントは、通常、政府から提供される資金で、特定の条件を満たす必要があります。デットは通常、何らかのローンです。コンバーチブルノートやセーフノートは、投資を求めるスタートアップが初期段階でよく使用する金融商品で、将来の資金調達ラウンドでエクイティに変換されることが一般的です。 エンジェル投資家は、通常、個人投資家または投資家のシンジケートで、比較的小規模に投資します。一方、ベンチャーキャピタルは通常、より大きな組織で、より高額の投資を行いたいと考えており、通常、自社の流通チャネルや既存の関係への紹介の機会を提供します。VC、ベンチャーキャピタリストから資金調達に成功したことを示すと、あなたのスタートアップに対する立場の社会的証明となり、あなたのアイデアを信じ、あなたが達成したマイルストーンを評価し、あなたをサポートし、ネットワークへのアクセスを提供する意欲のある人がいることを意味します。 クラウドファンディングは、プラットフォーム上の人々のグループを利用し、その資金を製品開発に使用する方法として、スタートアップの資金調達手段として徐々に人気が高まっています。アクセラレーターとインキュベーターも似たようなもので、アクセラレーターは通常短期間で、スタートアップの成果を迅速に進め、MVP(最小限の実行可能製品)ステージまで持っていき、スケールアップの準備をすることが多いです。通常、プログラムの結果として一定の割合のエクイティを取得し、時にはメンタリングや運営するプログラムの前払いも求めることがあります。一方、インキュベーターは通常長期間で、基本的に終了日がなく、より初期段階のスタートアップとも作業することがあります。政府機関、大学、または他の民間企業によって資金提供されることが多いです。 そして、タームシートは通常、投資家(通常はベンチャーキャピタリスト)とスタートアップ間の合意における主要な財務内容や提案された投資条件を概説する拘束力のない文書です。 プロフェッショナルな自己紹介で使えるフレーズには、「こんにちは、私はです」や「こんにちは、私の名前はです」といったシンプルなものがあります。組織内での役割については、「私はの創設者です」とか、リーダーであれば「私はの営業部門を率いています」などです。創設者であれば、「私はの創設者です」。クリエイティブな役割であれば、「私はに情熱を持つです」とか、独立したコンサルタントであれば、「私はを専門とする独立したコーチです」といった表現ができます。常にあなたの成果やハイライトについて話すことができます。「私はを専門としています」、「現在、私たちはに取り組んでいます」、「私たちはで革新を進めています」、「私の最近のプロジェクトはでした」といった具合です。 エレベーターピッチの取り入れ方:ネットワーキングにエレベーターピッチを組み込む理由は、興味を引き、つながりを築き、あなたが誰で、何を提供しているのかを明確かつ簡潔に伝えるためです。30秒から60秒以内に収めることが理想で、これは通常のエレベーターに乗る時間と同じくらいです。これにより、すべてを簡潔に保つための構造が提供されます。また、聴衆の状況に合わせてピッチを調整することも考えてください。例えば、投資家、見込み客、あるいはパートナーなどです。伝える際には、はっきりと自信を持って話し、アイデアに対する熱意を示し、相手と目を合わせて自然な流れで質問や関連するコメントに移行してください。 例えば、AIソリューションについて話すとき、「どのようなAIソリューションに出会ったことがありますか?」や「過去にAIを使ったことがありますか?」などをオープニングの質問として使うことができます。最後には、会議やコーヒーなど、さらなる議論への招待を行動への呼びかけとして行い、連絡先の交換を忘れずに会話をスムーズに終えてください。 それでは、ペアで試してみましょう。ペアで行う機会がない場合は、自分自身でメモを取り、その状況でどのように人々に接近するか、特に連絡先を交換する際に使うフレーズは何かを考えてみてください。「メールアドレスを教えていただいてもよろしいですか?」、「LinkedInでつながってもよろしいですか?」、「話ができて良かったです。近いうちにコーヒーでもどうですか?時間を決めるためにメッセージを送ります」といった感じです。 これで第2週の終わりです。まず、今日のモジュールから何を学びましたか?そして、これらのスキルを使うことができる今後のイベントはありますか?非常に興味がありますので、これらの質問に対するコメントもお気軽にどうぞ。第2週の宿題として、第3週に向けて、より大きなネットワーキングロールプレイに移ります:まず、あなたが作りたいと思う夢の会社やスタートアップ、または現在の会社について考えてください。すべて大丈夫です。その会社の創設者であると想像するか、実際に取り組んでいる会社や営業している会社について話してみてください。その夢の会社や実際の会社のためのシンプルなエレベーターピッチを作成してください。夢の会社であれば、AI、ロボティクス、または他の革新的な技術を使って構築できるスタートアップについて考えてみてください。 第3週では、これらすべてをまとめて、より大きなネットワーキングロールプレイに統合します。投資家との関係構築のダイナミクスについてもう少し詳しく見ていき、アプローチの調整やその後のフォローアップについても検討します。それでは、第2週の終わりです。来週のロールプレイで皆さんが何を成し遂げるか楽しみにしています。頑張ってください。次のセッションで、私たちの大きなネットワーキングロールプレイを見ていきます。ありがとう、皆さん。また来週お会いしましょう。

第1週 :エレベーターピッチの理解

第1週 :エレベーターピッチの理解

https://youtu.be/he-ph7k9mfc 第1週 ビデオ録画みなさん、こんにちは。Pitchcraftの第1週へようこそ。今回はエレベーターピッチについて学びます。これは非常にシンプルな構造で、ネットワーキングを始め、投資家との関係を築き、早期に会話を始めるのに役立ちます。それでは始めましょう。最初の質問ですが、皆さんはこれまでにプレゼンテーションをしたことがありますか?または誰かにピッチをしたことがありますか?プレゼンテーションとピッチの主な違いは何だと思いますか?そして、それぞれの課題は何でしょうか? 今日はピッチとプレゼンテーションの違い、今日使えるエレベーターピッチの全体的な構造、エレベーターピッチで使える一般的な言葉やフレーズを見ていきます。最近の購入に関するアクティビティを行い、学んだことを適用し、ロールプレイを行い、下のコメントで質問と回答の機会を持ち、来週の宿題も行います。それでは始めましょう。 まず、ピッチとプレゼンテーションの違いを見てみましょう。ピッチとプレゼンテーションを比較すると、意図がかなり異なります。ピッチでは、説得や興味を引くことを目指しますが、プレゼンテーションでは、情報を伝えたり、教育したり、何かを議論したりすることを目指します。ピッチは通常短い形式で、30秒から5分程度ですが、プレゼンテーションは通常15分以上、トピックによっては30分から1時間に及ぶこともあります。ピッチでは通常、非常に具体的なアイデアや提案をします。プレゼンテーションでは、多くのトピックをカバーし、特に何かを報告する場合は、実際に深く掘り下げることができます。ピッチは構造化されており、問題、解決策、市場、トラクション、ビジネスモデルについて話し、その後財務状況に入り、最後に最終的な要求や行動を促す呼びかけをします。一方、プレゼンテーションはそのフォーマットにおいてより柔軟です。 ピッチングでは、通常、最初から非常に熱心に始め、最初に強い印象を作ろうとします。一方、プレゼンテーションでは、聴衆との関わりや提供する学びを少しずつ深めることができます。ピッチングは非常にエネルギッシュで、簡潔で直接的です。プレゼンテーションは通常、より公式で、より深い内容になることが多いです。ピッチングでは、通常、シンプルで印象的な視覚的補助を使用します。プレゼンテーションでは、より詳細なチャート、より多くのデータ、さらに深い洞察を提供することが多いです。ピッチングでは、通常、ピッチの最後に非常に明確なアクションコールがあります。プレゼンテーションでは、最後にアクションコールがありますが、それは「私たちのウェブサイトを訪れてください」や「私たちに投資してください」というようなものではなく、「私たちとつながってください」というようなものになることが多いです。ピッチングでは、通常、次のミーティングを探しているか、その時点でのミーティングで投資を求めています。プレゼンテーションでは、通常、最後にQ&Aがあり、その後に議論の可能性があり、追加のミーティングがないこともあります。 では、エレベーターピッチとは何でしょうか?基本的には、簡潔で説得力があり、非常に短くて関心を引くもので、あなたのアイデアやあなたがしていることについて話し、通常は約30秒、つまりエレベーターに乗っている時間ほどの長さです。これが名前の由来です。ビジネス界では、非常に効率的なマーケティング、良い第一印象、思考の明確さ、機会創出、準備の良さを示すのに役立ちます。イントロは、あなたが誰であるか、そしてあなたが創設した会社、またはあなたが働いている会社名で、非常に簡単な自己紹介から始まります。問題を特定し、解決しようとしている問題について非常に明確にします。解決策に関しては、あなたの解決策とそれがどのように機能するかを示します。ユニークなセールスポイントに関しては、あなたの解決策の利点について話すことが良いでしょう。機能について話すこともできますが、利点を優先することをお勧めします。結果に関しては、ソーシャルプルーフも使用できます。顧客の成功事例や成功メトリクスの統計について話し、最後に非常に明確なアクションコールを持ちます。 よく見る言葉やフレーズにはどのようなものがありますか?USPまたはUVP、つまりユニークセールスポイントまたはユニークバリュープロポジション。CTA、つまりアクションコールは、最後に人々にしてほしいことです。ユニークセールスポイントは、製品の利点や特徴について話します。ソーシャルプルーフとは、過去にあなたが助けた人々の例、あなたの製品やサービスのレビュー、あなたが約束する特定の結果のケーススタディです。そして、あなたのエレベーターピッチのイントロの一部として使用できる特定のフレーズには、非常にシンプルな「こんにちは、私の名前はマットです。私は...の創設者です」。問題については、「私たちが解決しようとしている問題は...」。解決策については、「これによって解決できます...」。USPまたは利点については、「利点には...が含まれます」。私たちの解決策の特徴は、「ソーシャルプルーフ、例えば、私たちは過去3週間で1,000人のフォロワーを獲得した、または500人以上の人々にこの結果を達成させた」。そしてアクションコールについては、「もっと学びたいですか、または私たちに参加しますか?」となります。 私たちが使った例は、「こんにちは、私はハリーです。Miruの共同創設者で、日本で最も急成長しているモバイルマーケットプレイスです。」問題は、「デジタル化が進む世界で、人々は必要以上のアイテムを持っており、それが廃棄物や散らかりの原因になっています。」解決策は、「Medatは、不要なアイテムを売買し、質の高い中古品を探すためのシンプルで安全なプラットフォームを提供することで、この問題を解決します。」特徴の一部は、「私たちのユニークな特徴は、シームレスでユーザーフレンドリーなアプリデザインと、購入者と売り手の両方の安全を保証する堅牢な検証システムの組み合わせです。」社会的証明や成果は、「立ち上げ以来、日本国内だけで1,000万以上のダウンロードを獲得し、米国市場にも成功裏に進出しました。」そして行動を促す呼びかけは、「現在、私たちはグローバルなC2C市場を支配するための戦略的パートナーを探しています。このエキサイティングな旅に参加しませんか?」 次に見ていきたい活動は、皆さん自身のエレベーターピッチを作り始める手助けをすることですが、まずは少し話し合いから始めましょう。最初の質問は、最後に何かを購入したのはいつですか?今日かもしれませんし、今朝かもしれませんし、昨日かもしれません。何を買ったのか、なぜそれを買ったのか、そしてその構造から考えてみてください。その商品が解決した問題や、あなたがその商品を購入したときに満たされたニーズは何でしたか?その商品を購入した後の気持ちはどうでしたか?その商品との感情的なつながりや結果は?少し時間を取ってこれらの質問について考え、メモを取ってから、次のセクションに進みましょう。 では、次の課題です。あなたが最近購入した商品、または購入を検討している別の商品について、エレベーターピッチを作成してみてください。構造に使うべき重要なポイントを覚えておいてください:まず自己紹介をし、特にその商品の創設者や開発者であることを強調します。その商品で解決する主な問題や問題点を特定し、解決策について話し、どのように解決するかを説明します。その商品の主な特徴や、それがもたらす結果についても話します。その商品の良さを示すために使える成功の指標や成果はありますか?最後に行動を促す呼びかけをします:もっと学びたいですか、この旅に参加してみませんか? さて、それを実践に移しましょう。ロールプレイの時間です。まず最初に、パートナーを見つけてください。一つ目の課題として、他の人に自己紹介をして、お互いにピッチの練習をしてみてください。時間があれば、パートナーを変えて、他の人とも試してみることができますし、他の人のピッチも聞くことができます。 さて、その活動が終わったら、他の人のエレベーターピッチについてどう思いましたか?自分のエレベーターピッチについて何か気づきはありましたか?この活動についてのフィードバックはありますか?コメントでまた聞かせてください。そして最後に、この活動から何を学びましたか?特に興味があるのは、どのようにしてエレベーターピッチをあなたの役割やビジネスで使うことができるかという点です。これで終わりですが、これがあなたの商品やビジネスについて話し始めるための貴重な構造を提供できればと思います。 第2週ではネットワーキングについて見ていきますが、それに入る前に、第1週の宿題をお伝えします。一つ目は、アドバイスを受けたいと思う投資家を見つけるか、調査することです。誰でも構いません。二つ目は、なぜその人を選んだのか、理由と例を挙げてください。三つ目は、もしその人に質問する機会があったら、どんなアドバイスを受けたいですか?興味を持つかもしれない投資家の例としては、ウォーレン・バフェット、ビル・ゲイツ、孫正義などがいますが、あなた自身の話したい人がいるかもしれません。第2週では、ネットワーキングの方法、投資家との関係構築の方法、そしてこのエレベーターピッチをネットワーキングにどのように取り入れて、実際の世界で使い始めるかを見ていきます。 それでは、これで終わりです。ご注目いただき、ありがとうございました。次回もお楽しみに! 第1週:エレベーターピッチの理解・これまでにプレゼンテーションをしたことはありますか?・ピッチをしたことはありますか?それとプレゼンテーションの違いは何ですか?・エレベーターピッチの構造・最近購入したものを考えて、それが解決した問題、解決策、USP、CTAについて考える・その製品を私に売ってみてください・宿題:有名なVCを見つけて、その概要をまとめる エレベーターピッチの方法 エレベーターピッチは、自分自身、ビジネス、またはアイデアを簡潔に紹介するものです。通常、30秒以内に伝えることができるように設計されており、短いエレベーターの乗車時間中にピッチを行うことができます。会議、展示会、就職フェア、または他のビジネスイベントに参加する場合、ビジネスネットワークを拡大するために、よく練られたエレベーターピッチを持っていることが重要です。以下は、異なる職業のための例です: 起業家: 「こんにちは、私はアレックスです。エコパックの創業者で、生分解性の包装材を作っています。私たちは、企業が環境への足跡を減らしながら、持続可能な製品に対する消費者の需要を満たすのを助けています。緑の未来に向けて一緒に進むパートナーを探しています。」 ...

Recommended

Popular Playlist